KTW門徒会館・納骨堂の現場は、根切りから各工程が順調に進み、その様子は日々変っています。基礎の底盤まで掘削し、杭頭に補強筋を現場溶接します。補強筋の役割は、基礎と杭を一体化させます。基礎まわりは、この補強筋と柱と地中梁の配筋が混雑するところ。現場では地中梁の配筋の墨出しを行い、杭頭補強筋をかわすように溶接し、きちんと納まっていました。
構造設計事務所と一緒に設計の配筋検査を終え、翌日は、いよいよコンクリートの打設です。

当日は、1台目の生コン車からサンプリングし、コンクリートのスランプ値、空気量、塩化物量を確認しました。

打設開始です。(邪魔にならないように離れて見ます)

打設後は、即ピットの外周防水の施工が始まりました。現場は、どんどん進んでいきます。