「こういう土地にどんなものが建つのかな?」と思われそうな場所に住宅を計画してみました。不動産会社の方から相談を受けたうちの一つ。約7m×35mのかなり細長い敷地ですが、初めて見たときは、建築士の性でしょうかおもしろいものが建ちそうだなーというのが私の印象でした。計画してみると、法的な制限で建築可能な間口は約4mという条件ですが、敷地の特徴をいかし、中庭をはさみ奥行き方向にのびのびした離れ和室をもつ住宅ができました。a0258995_14572462既存の宅地の中には狭い、細長い、段差があるなど一見ここに建つのかな?或は古屋が建っていてよくわからないなどで敬遠される土地が少なくないですね。そこを見過ごさず、建築設計の立場から眺めてみるとほかでは得難い可能性を見いだせる場合があります。今回は施主様が決まっているわけではなく、土地探しの方がこの敷地に出会った時に「こんなものができるんだ」と感じていただいける一つのきっかけになればと思っています。プランは、家族構成などの条件を仮定してつくっていますので、もちろん変更はできます。

場所は北九州市小倉南区湯川4丁目です。ご興味のある方はお気軽にお問い合せください。