「こういう土地にも建ちます」の第3弾!主には既存の住宅地の中の狭小地や変形地といったところに不動産会社と協力して建物を計画しようとする試み。今日は、小倉南区の土地の現地調査に行ってきました。この土地は実は以前から気になっていた土地で、角地で南斜面で日当り、眺望もいい場所です。角地のため敷地の2面が開放的でかつ、ここは南斜面で眺望がよい。ただ、今現在既存の住宅があって、周りも含めてその状況が少し分かりにくいということや敷地面積が45坪程度で一般宅地よりもちょっと狭いというところが気になるところかもしれません。今日は、鍵を借りていったので既存の住宅の中に入って周辺の眺望を確認しどの方向を視界として開けるべきか閉ざすべきかなどをイメージしながら調査をすすめました。葛原2-02正面は緩い坂道に面しています。こちらの面からのアプローチ、そして駐車2台分のスペースか、、、などなど、固まらない程度に頭の中でぐるぐるイメージを回します。葛原2-01今日の天気は曇り。天気がよいと山のスカイラインもすっきり、視界からはそれていくけど夕日の景色もいいだろうなー、南区の花火大会もここなら見えるなー、北側の山の緑も少しは見れたほうがいいなーなどなど。計画が進んだら、またご紹介したいと思います。あっと!忘れていません第2弾も。