知り合いから住宅の相談を受けました。ご要望のかわいいイメージ写真をたくさんもらいました。IMG_4880ずーと眺めていると、大学のときの卒業論文を思い出しました。今もあるかもしれませんが、「写るんです」という使い捨てカメラを当時の研究室で追跡研究対象だった集合住宅に住む子どもたちとその友達で戸建て住宅や公団型の片廊下型の集合住宅に住む子どもたちに配り、何でもいいから好きな物事などを撮影してきてと頼んで、その写真からそれぞれの住環境を分析するという「写真投影法」の手法を取り入れたのです。簡単に言うと、被写体がヒトなのかモノなのか、或はコトなのか、そしてどこで撮影したものなのかを分類して、その住環境(人的なソフトと物理的なハードの関係)を分析したのです。

今回は、卒論とは違って写真の対象が絞られていますが、実はこの一枚一枚からいろんなことが見えてくるのです!