C-House(SHN)の現場にてコンクリート塀の高さを最終確認。何度となく建主さんと確認した塀の高さ。眺めの良い桜並木と遊歩道を歩く人たち。オープンにしたいけど人の視線はさえぎりたい。IMG_2081もう少し見え隠れするルーバーのような素材に見直そうかという話もあったけど、落ち着いたのは設計通りのコンクリートの塀。プライバシーを優先させて落ち着いた雰囲気にすることもさることながら、外の自然を享受はするけど外とは違う異空間(内庭)ができることに期待しました。まだ、基礎工事の段階ですが、棟上げそして屋根板が敷き終わるころには、塀と軒にトレミングされた景色が浮かび上がります。