「豊かで心地よい建築を」

いつも設計で心がけていることは環境を豊かにしたい、心地よくしたいということです。抽象的なことなのですが、建築はさまざまの視点や要件、状態、印象で出来上がっていますので、具体的或いは断片的な事柄で置き換えることが難しいものだと感じています。逆にそこに魅力があり可能性があることだとも思っています。まずは、クライアントのご要望やご要件をしっかりと受け止めて、どういうことが豊かさや心地よさにつながるかをクライアント目線或いは利用者目線で捉え直し、技術的で創意工夫のある提案を行います。提案には軌道修正を行う場合もありますが、クライアントとごいっしょに話し合いを重ねながら柔軟に設計して参ります。それから、設計の仕事は図面を書くだけではありませんので、その建物の品質を保つために設計後の現場監理も非常に大切です。設計図書はクライアントといっしょに築き上げたもの。その意図や内容をしっかり施工会社にお伝えし、工事中はその意図や性能を保つように監理いたします。