落ち着いた住まいはプライバシーが守られた暮らしかもしれません。住宅は、2方向からの視線が特に気になる角地に建つため、通りからは大きな窓が見えにくい外観です。全体のプライバシーと同時に内部もリビングをずらすことで見え隠れするコーナーにしたり、和室をガラス欄間と障子の組み合わせで区切るなど各室をやわらかくつなぎ、居場所によっては距離感が感じられるように家族の中でもプライバシーを意識しています。
1階のフラットな屋根に対し、2階の屋根は緩い勾配屋根として全体のボリュームをおさえるのと同時にメンテナンスが必要な樋詰まりなどのトラブルを避ける形状にしています。

KHO角地に建つ住宅の記録