敷地は住宅が建ち並ぶ角地に位置しています。2方向からの視線が気になることを踏まえ、建物の外壁自体が目隠しの塀になるようなことを発想しました。通り面には大きな窓が要らないような平面構成とし、外部と不連続させることでプライバシーを保つことにしています。この住宅全体のプライバシーと同時に内部もリビングをずらすことで見え隠れするコーナーをつくったり、和室をガラス欄間と障子の組み合わせでやわらかく区切るなど、居場所によってはほどよい距離感を感じる家族間のプライバシーにも配慮しています。
外観は、1階のフラットなボリュームと2階ボリュームが積み木のようにシンプルな形態です。2階の屋根は緩い勾配屋根として全体のボリュームをおさえるのと同時にメンテナンスが必要な樋詰まりなどのトラブルを避ける形状にしています。

KHO角地に建つ住宅の記録