KTW門徒会館・納骨堂の現場は、掘削工事を終え根切り底の状態です。心配していた地下水の影響も少なく安心しました。
ただ、前日の雨の影響も重なり、10台程度のポンプで揚水中です。次は、ピット下防水、基礎、地中梁型枠配筋へとつづきます。