福岡市内で計画進行中の戸建て住宅。場所は、角地で30数坪の敷地。先ずは、ご要望や敷地の立地条件から素直につくったプランとコンセプトモデルの提案。

考えたことはシンプルで、敷地形状に合わせた住宅を格子状のもので覆ってしまうというもの。外部の庭空間が配置しずらい立地の中、本体と格子の間を通り土間空間として、玄関やファミリースペースがこの土間を向きます。

西日の遮蔽や目隠し機能も併せ持った格子。これから具現化していくことはたくさんありますが、この格子の仕様選定は大きな課題になりそうです。