仕事で大変お世話になっている小野さんから「トマトのパスタ」を伝授していただきました。自筆のレシピ。レシピ003「トマトのパスタ」鷹の爪はいれなかったけどペペロンチーノ。その日の夕食でチャレンジしてみました。レシピという設計図をちょこちょこ見ながら悪戦苦闘。ニンニクは包丁のはらでつぶしてから刻む、、、ニンニクが焦げないように弱火で、、、鍋には少しからいくらいに塩をいれて、、、。おっとベーコンを忘れそうになった、、、などなどはじめてのお使い的な調子でなんとか完成。IMG_1325ただ、何か味がうすい感じ。何故なのかがよくわかりませんが、なんとか完成させたことで満足気味になった自分。そして、先ずは上の子に食べさせました。すると「息がくさーい」、んーー何?どうもニンニクのにおいがきつかったようで、あまり箸というかホークがすすんでいません。ちょっと敗北感。しばらくして、家内が帰ってきました。私がパスタに挑戦することは話していたので、「どれどれ、どんな感じ」「んーー薄いね」なにやらパラパラ。「塩を入れてみたんよ」すると、さっきの味とは全く違う、見違えるほどの味に変わった。やはり、料理のコツがあるんだなー。つくったことで満足した自分を反省し、もっと上をめざさなければいけなかった。やはり常に向上心、満足は禁物だ!
今回はもうひとつだったけど、NEXT ONE。「おのさん!次のツナ&レタスのパスタ よろしくお願いします」設計の仕事にこじつけるわけではありませんが、レシピ(設計図)だけではいいのものは難しそうです。やはり、監督さんに見ていただかないといけないようです。
(小野さんの口癖は「やきとり3本」ここだけの話ですが、無理難題をやきとり3本でやっていただけます。小野さんの仕事は福祉事業のコンサルティング。私のブログを見たと言っていただいたら3本のところをなんと2本。お早めに!)