KTWの現場では内部仕上げで予定している杉板型枠コンクリート打ち放し仕上げのモックアップを用意してもらいました。ベニア型枠が普及する前はよく使われていた杉板の型枠。杉板の表面の彫りの深さが違う数種類とそれからさらに型枠表面に塗装有りと無しの2パターンのサンプルをつくってもらいました。お施主さんにも見ていただいて一種類の板を決めました。天然の杉だから凹凸具合や水の吸い込み方、木色の移り具合も一枚一枚違います。最終的に現場でどう仕上がるか、どきどきもしますが、既製品では感じられない素材感がきっと現れてくれるはずです。(祈)